山の壽 純米吟醸 山田錦

2月下旬に開栓した「山の壽」は、香り、甘さ、旨さ、バランスの良さ、きれいで旨くて、ファンになりました。お酒の会で1杯のんで「あらー、おいしいなー。1本買ってじっくり飲んでみたい」となり、いつもの「地酒屋こだま」で購入しました。今回は山田錦を買いましたが、お店で試飲させてもらった雄町も素晴らしかった。太すぎず、でもシャキーンと一本、芯が通った筋肉質な感じで。こちらも今度買って飲んでみたいお酒です。

画像

「山の壽 純米吟醸 山田錦」/福岡県久留米市/山の壽酒造株式会社/精米歩合:55%/アルコール度数16度/「地酒屋こだま」で購入

最初にふわーっと香りがたつ。メロン、青りんご、洋梨などの果物の甘い香り。でも決して甘ったるいわけではなく、あくまで軽やかな香り。甘い風のイメージ。飲み口は、香りの印象とも共通するきれいな、澄んだ甘さ。その甘さがスーッと切れるきれのよさもあって、とてもバランスの良いお酒と感じました。吟醸らしい吟醸。そしていつものフレーズですが「家庭料理に合う!食べたくなる」いいお酒、家呑み万歳です。

画像


ある日の肴はこんな感じ。ブリの刺身、大根と白菜と厚揚げの煮物、キュウリとわかめの酢の物、蕪の浅漬け。厚揚げ煮は予想どおり相性ぴったりでしたが、鰤の刺身が意外にもよかった。ブリや鮭など焼き魚や、筑前煮、鶏の照り焼きなんかにも合いそうでした。

1杯の飲みごたえがあるので、1日半合くらいずつ、大事に飲みました。おいしかったです!

"山の壽 純米吟醸 山田錦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント